HOME > 葬儀の知識(葬儀の基本・流れ)

葬儀の基本・流れ

葬儀の知識 メインビジュアル

臨終・安置・準備・納棺・通夜

臨終

ご遺族の対応

病院の場合

臨終のイメージ

  1. 親戚等に一報を入れます。
  2. JAに連絡します。

    ご遺体の処置がすみ、搬送できる時間をお伝えください

  3. 「死亡診断書」を受け取ります。
  4. 主治医や看護婦に挨拶し、清算をすませます。

自宅の場合

  1. 医師に連絡し、死亡を確認してもらいます。

    死亡診断書を受け取ります

  2. 事故死の疑いがあるときは、警察に連絡します。

    死体検案書を受け取ります

  3. JAに連絡します。

JA側の対応

寝台車を用意します

ワンポイントアドバイス
【危篤の連絡】
危篤の状態で、会わせたい人に連絡をとるときは、時を選ばずにすぐ電話します。このとき、どこへ行けば会えるのか、病院なら部屋番号まで確実に伝えましょう。
【末期の水】
末期の水は、医師が臨終を宣言したあと、病院か自宅で行います。血縁の濃い人から順に、割り箸の先に脱脂綿を巻き、水を含ませて故人の唇を湿らせます。

▲ページの先頭へ戻る

安置

ご遺族の対応

ご遺体の安置

  1. 自宅に戻る時間を連絡し、部屋のかたづけを頼みます。

    自宅に神棚があれば、神棚を封じます

  2. 布団を準備します。

    安置のイメージ

    季節を問わず、敷き布団一枚、掛け布団一枚です

  3. 安置できたら、線香をあげます。

寺院へ連絡

  1. 寺院に連絡します。
  2. 僧侶に「枕経」をあげていただきます。

    このときは平服でかまいません

JA側の対応

寝台車でご遺体を搬送します

枕飾りを用意し、ご遺体を安置します

ドライアイスなどでご遺体を保全します

ワンポイントアドバイス
【北枕】
一般的に、ご遺体を寝かせる時は、釈尊が入滅された時の向きにならい、北枕といわれますが、部屋の状況に応じて判断してかまいません。
枕飾りに置く供物(ご飯、団子など)は宗派や地域によって異なります。
【お布施】
お布施の額がわからない場合は、寺院にお尋ねします。(世話役が尋ねてくれることもあります。)枕経や火葬場の読経まで含むかどうかや、僧侶の人数など、内容を確認しましょう。お渡しする時期についても打ち合わせます。

▲ページの先頭へ戻る

準備

ご遺族の対応

  1. 打ち合わせ
    • 喪主を決定
    • 宗旨・宗派・家紋の確認
    • 葬儀内容の決定
      式場(自宅・寺院・会館)/日程(通夜、葬儀・告別式)
      祭壇/遺族代表の謝辞をのべる人
    • 遺影写真の選択

      準備のイメージ

    • 返礼品
    • 会葬礼状
    • 料理
    • 供花・供物
    • 移動車両の台数
  2. 死亡届を提出し、火葬許可証を受け取ります。

    死亡届は、医師の死亡診断書の半片にあります

  3. 通夜・葬儀の日時と会場を、関係者に連絡します。

JA側の対応

火葬場の手配

式場の手配

霊柩車の手配

遺影写真の手配

返礼品の手配

会葬礼状の手配

料理の手配

供花・供物の手配

移動車両の手配

新聞の死亡広告などを手配します

ワンポイントアドバイス
【日程】
通夜・葬儀の日程は、遺族・親族の都合、僧侶の都合、火葬場の都合、式場の都合などを調整しながら、決めていきます。
【お手伝いの依頼】
親戚だけでなく、親しい友人、町内会や職場の方にお手伝いを頼むことがあります。誰に何を担当してもらうか、役割分担を決めます。

▲ページの先頭へ戻る

納棺

ご遺族の対応

  • 副葬品を選び、納棺の準備をします。

JA側の対応

棺や経帷子など、納棺に必要な物を用意します

納棺の儀のイメージ

納棺の儀

  1. 着座し、合掌します。
  2. ご遺体を拭き清めます。
  3. 旅支度をします。
  4. ご遺体を棺に納めます。
  5. 合掌します。

湯灌(清式)

  • 死者の現世での穢れや苦しみを洗い清め、来世での功徳を願いながら行う儀式のことです。
    納棺の前にご遺体を洗い清めますが、着せ替えや化粧を施す場合もあります。
ワンポイントアドバイス
【納棺の準備】
故人の愛用品など、棺に入れてあげたい物があれば、副葬品として納めます。燃えにくい物や、遺体を傷つけるおそれのある物は避けます。
逆さ水といって、水にお湯を注いだもの(産湯の逆)を用意することもあります。
【旅支度】
経帷子、天冠、頭陀袋(三途の川の渡し賃である六文銭を入れる)、数珠、手甲、脚絆、足袋、編笠、杖、わらじなどを用意します。
宗派(浄土真宗など)によっては、旅支度を使用せず、故人の好む服装にします。

▲ページの先頭へ戻る

通夜

ご遺族の対応

  1. 供花・供物の順位と芳名を確かめます。
  2. 僧侶が到着されたら、挨拶します。
  3. 僧侶にお礼の挨拶をします。
  4. 通夜ぶるまいの会食をします。

    通夜ぶるまいをせずに、通夜返しを渡すだけの場合もあります

JA側の対応

料理、飲み物等の手配

通夜のイメージ

通夜

  1. 僧侶を迎えます。
  2. 僧侶が読経します。
  3. 喪主、遺族、親族の順で焼香します。
  4. 一般の方の焼香をいただきます。
  5. 僧侶の法話を拝聴します。
  6. 僧侶を見送ります。
ワンポイントアドバイス
【通夜】
通夜は、『夜どおし線香を絶やさず故人をお守りする』といわれますが、あまり無理をせず、故人が寂しがらないよう、そばで休むとよいでしょう。
【僧侶の接待】
僧侶へは、交通費として「御車代」、通夜ぶるまいを辞退された場合や、その席を設けない場合は「御膳料」を包むことがあります。これらの扱いについては、地域によって異なりますので、世話役などに相談しましょう。

出棺/火葬・葬儀・法要/会食

出棺・火葬

ご遺族の対応

※出棺・火葬は、葬儀・告別式の前に行う場合と、後に行う場合があります。

JA側の対応

出棺の儀のイメージ

出棺の儀

  1. 棺に花などを入れて、お別れをします。
    ただし、地域により花は納棺の時に入れることもあります。
  2. 棺のふたを閉めます。
  3. 棺を霊柩車に納めます。
  4. 位牌、遺影をもちます。
  5. 遺族代表が謝辞を述べる場合があります。

火葬

  1. 火葬許可証を提出します。
  2. 柩を安置し、最後のお別れをします。
  3. 火葬が終わるのを待ち、拾骨します。
  4. 埋葬許可証を受け取ります。
ワンポイントアドバイス
【出棺の釘打ち】
棺のふたを閉める時、死者が迷わず旅立つことを願い、喪主から順に、二回ずつ、小石で軽く釘をたたいて釘打ちをします。
現在では釘打ちをせずに、ふたを閉めることで代える場合が多くなっています。
【清めの塩】
帰ってきたとき、塩をまいて、死のけがれをはらう習慣があります。仏教の立場(特に浄土真宗)では、死をけがれと見なさないので必要ありませんが、気になるならまきます。

▲ページの先頭へ戻る

葬儀

ご遺族の対応

  1. 司会と打ち合わせをします。

    式次第や焼香順、弔辞・弔電、お名前の読み方など、確認します

  2. 僧侶、来賓、世話役の方々に挨拶します。

JA側の対応

葬儀のイメージ

葬儀

  1. 開式10分前には着席します。
  2. 僧侶を迎えます。
  3. 僧侶が読経します。
  4. 弔辞があれば弔辞をいただきます。
  5. 弔電が読みあげられます。
  6. 僧侶が読経し、喪主から順に遺族が焼香します。
  7. 来賓・ご会葬者の焼香をいただきます。
  8. 僧侶を見送ります。
  9. 遺族代表が謝辞を述べます。

※式次第の順番は変わる場合があります。

▲ページの先頭へ戻る

法要・会食

ご遺族の対応

法要

  1. 僧侶が読経します。
  2. 焼香します。

会食

  • 手伝っていただいた人たちの労をねぎらい、僧侶を主賓に迎えて会食をします。
  • 遺族は末席に座ります。

    宗派や地域により「精進落とし」「精進上げ」「お斎」など呼び方は異なります

    会食のイメージ

翌日以降

  • お世話になった方への挨拶回りをし、挨拶に行けない場合は礼状を送ります。
  • 支払いを済ませ、借りた物は返却します。

    葬儀費用は相続税の控除対象になるので、領収書はすべて保管します

JA側の対応

その後の法事の段取りや、お位牌、お墓などについて相談を承ります

ワンポイントアドバイス
【繰り上げ法要】
親戚一同が集まりにくい現在では、葬儀当日の法要を初七日法要として執り行うことが多くなっています。
また、法要の前に、埋葬・納骨を済ませる場合も多くみられます。
【忌明け法要】
命日から49日目に僧侶のほか、近親者や友人・知人を招いて行います。現在ではその前の日曜日などに行うことが多くなっています。

▲ページの先頭へ戻る